高級ブランド品にはいろいろなものがあるのですが、女性が大好きなのはシャネルのマークになるでしょう。

私が持つ財布は常にシャネル
私が持つ財布は常にシャネル

ブランドの中でもシャネルは永遠の憧れ

バブル時代にはブランド品を当たり前のように持っていて、それを持つことで自己満足を得ていた女性は多かったのではないかと思います。直営店で買う人もいればわざわざ海外旅行へ行って買う人もおり、海外には国内で発売されていないレアな商品を目当てに行っていた人もいるほどの人気でした。またその頃からもリサイクルブティックのお店があったので、中古の商品を安く手に入れるという若い女性も多かったようです。シャネルというのはバッグが一番人気になっているのですが、安くても20万円を超えるのは当たり前といえます。中古でも10万円は超えるのです。

景気が低迷した今でも女性のブランド好きは相変わらずで、比較的安いところのバッグが人気になってきています。それはお手本となる海外セレブであるモデルでも、値段に関係なくいろいろなところのバッグを持ち始めたことが要因になっているようです。しかしながらシャネルは圧倒的な根強い人気があり、最近はバッグよりもピアスやイヤリングなどのアクセサリーや靴などの小物関係が売れ筋になっているのです。売れ筋となっている小物関係というのも、シンボルであるマークが大々的に出ているデザインでここでも自己満足があることがわかるでしょう。

注目情報

Copyright 2017 私が持つ財布は常にシャネル All Rights Reserved.